キャッシングカードのおかげでプラスになった

自分はたまにスロットを打つんです。
スロットというのは、設定というのが決まっているんです。
一段階から六段階まであって、一番上の6に設定されている台は、
当たる確率が高くなっているんです。

スロットの設定は、スロットの画面に表示されるわけではないので、
見た目にはわからないんですが、ある程度打っていると、
大当たりじゃない小さな当たりの回数なんかで、
だいたい判別出来るようになっているんです。

でも、設定がいい台、つまり大当たりの確率が高くなっている台で打っていても、
なかなか当たらないことがあるんです。
先日のスロットでもそんな展開になってしまって、
設定がいいことはわかっているのに、
どんどん財布からお金がなくなっていきました。

打てる時間はまだまだあったし、設定のいい台を手放すのはもったいないし、
なによりも今までのスロットの負け分を取り戻したいということで、
キャッシングを利用することにしました。

キャッシングカードを使ってコンビニATMで引き出しました

自分が持っているキッャシングのカードは、提携しているATMが多くて、
スロット店の近くにあるコンビニのATMでも引き出すことが出来るんです。
これは便利ですよね。勿論、返済にも対応しているんですよ。

だから、キャッシングをしても、その日のスロットできっちりと勝って、
当日にキッャシングの返済も出来るんです。
当日返済なら金利はかからないからお得です。
それで、いったん休憩ということで台を離れて、
コンビニのATMからとりあえず三万円をキャッシングして、
食事をしてから打ち直したところ、それがいいきっかけになったのか
展開が変わって、 かなり浮かすことが出来ました。

キャッシングしたお金も、計画通りに当日返済出来ましたし、
浮いたお金のいくらかは銀行に貯金することも出来ました。
一応、その辺はきちんとやってるんです。収支表もつけてますし。
お金が足りなくなったらいつもキャッシングしているというわけじゃなくて、
今回は近くに銀行のATMがない店で打ったのでキャッシングをしたんです。
銀行まで行って下ろしていたら休憩時間が終わってしまって、
台が開放されてしまっていたはずなので、キャッシングは正解でした。
スロットを打つのであれば、やはり、緊急手段用にキャッシングのカードを
持っていて損はないですね。