派遣社員やアルバイトでもキャッシングできる

一昔前までは、銀行のカードローンは正社員のみで、
それ以外の派遣社員やアルバイトの人などは、
消費者金融キャッシングを利用するというのが当たり前でした。

しかし最近では、銀行のカードローンも申込み基準を下げており、
派遣社員などでも申込ができるようになっております。
とはいえそれは、あくまでも申込が可能になったという分けであり、
審査に通りやすくなったというわけではありません。

非正規雇用労働者の比率が増えた

最近では、派遣社員の数が相対的に増えており、
無視できない存在となってきました。
アルバイトの人数もまたしかりです。
そういった非正規雇用の人たちも、最近では
カードローンなどに申し込めるようになってきます。

しかし気になるのが審査です。
審査に関しては、やはり正社員と比べると厳しいことは否めません。
しかし、派遣の方もあきらめてはいけません。

勤続年数がポイント

しっかりと派遣実績を積み上げれば、比較的ハードルの高い
銀行のカードローンでも、借入をすることが可能となります。
そのためには、同じ会社で長い期間登録することが大切となります。
アルバイトの方も、長い期間職場を変えずに働くと、印象がアップします。

派遣の方は、在籍確認に注意をしましょう。
在籍確認というのは、働いている場所にキャッシングの
会社の方から電話が来ることをいいます。
この際、派遣社員の方は実際に働いている会社のほうに
連絡が来るわけではありません。
連絡が行くのは、派遣している会社に行きますので、
それを間違わないようにしましょう。

在籍確認は個人名で

派遣会社のほうに在籍確認の電話がある際にも、
キャッシング業者名を名乗っての電話があるわけではなく、
個人名で○○さんという形でかかってきます。

不在の場合は、当たり障りのない用件での
電話であるように振舞ってくれますので、
派遣会社側にキャッシングを利用したという事実が知られる、
ということはまずありません。